Softmax-with-Lossレイヤを実装してみる

Softmax関数による出力層と交差エントロピー誤差による損失関数の計算はセットになっている。Softmax関数自体がこの2つが連続して行われることを逆算して定義されており、2つをまとめて「Softmax-with-Lossレイヤ」としてクラス化するとシンプルな結果となる。

Leave a Comment