Construct Plane

基準点と2つのベクトルを入力することで平面を定義するコンポーネント。

 

 

Xにvector X、Yに vector Yを入れるとそのままXY平面ができ、Yのところに変わりにZを入れるとXZ平面ができる。

「negative」を使って平面の向きを反転させたりもできる。

 

<実践>

上の例のように平面を一度作ってみて、その平面に円を描いて、どう動くか確かめてください。